学校紹介

校訓・校章・校歌
 

生徒指導部より

━ 生 徒 指 導 方 針 ━

 学校は何よりもまず安全で安心して通うことができる場でなければなりません。そして,学校は次代を担う若者に豊かな社会性を身に付けさせるための場でもあります。これらの考えに立って,以下の3点を特に重視し,教育活動全域において徹底した指導を行います。
  • 1 規範意識の醸成
  • 2 豊かな心と社会性の育成
  • 3 基本的な生活習慣の確立
   
◆平成29年度 生徒指導規定(PDF形式)
   
(具体的な指導内容)

 (1) 服装頭髪等の身だしなみの指導

 服装・頭髪(染色,脱色,変形,パーマ等)などの定期的な検査とその後のていねいかつ厳正な指導。ピアス・化粧・マニュキア・シャツだし・スカート折り・ズボンずらし・マユそりなどを含む行為等へのていねいかつ厳正な指導など。

 (2) 授業規律の確立

 着ベルの徹底,机の列を揃える,号令時の挨拶,礼儀作法,教員に対する言葉づかい,机間指導による学習態度の徹底など。

 (3) 問題行動の未然防止・特別な指導

 犯罪防止教室・薬物乱用防止教室,規範意識の向上を図る講話やLHRの実施。暴力・暴言・法規違反などに対する特別な指導など。

 (4) 挨拶の徹底

 登校時の教職員・生徒会執行部・部活動生徒による挨拶運動,校内での教職員・生徒同士の挨拶運動など。

 (5) 遅刻・欠席防止指導

 遅刻や欠席生徒へのていねいかつ徹底した指導など。

 (6) 新入生への入学時指導

 合格者登校日のガイダンス,入学後の学習合宿における生徒指導規程の周知徹底など。

 (7) 授業を通しての社会性の育成

「コの字型」と「小グループ」を併用した協同的な学び。全ての授業において,生徒同士が認め合い支えあって学びながら学力向上と同時に社会性を育成する取組を進めている。

 (8) 教育相談の充実

 スクールカウンセラーによるカウンセリングや担任による個別面談など。

 (9) いじめ防止に関する取組

いじめ防止等に係る基本方針
いじめ防止対策委員会