H 30年度
安西高ニュースへ
 

2月12日(火)

    校内全体研修会(授業づくり研修会)を   
   
   行いました。

     

授業づくりの力量を高めるために校内全体研修会を実施しました!

 安西高校では,年間に15回程度,「主体的な学びの授業づくり」研修会を実施しています。先生が相互に授業参観を行うことで,学校全体の授業が充実したものになるように取組を進めています。
 永島孝嗣先生(麻生教育研究所特別研究員)をスーパーバイザーにお迎えして,今年度第2回の校内全体研修会(1時間の授業を先生方全員で参観する)を実施しました。
 この日は,午前中3時間をかけて,永島先生に,ほぼ全員の先生の授業を丁寧に見ていただきました。午後は,三輪美保教諭が1年1・2組「美術T」で「デザイン分析に挑戦」の提案授業を行いました。生徒は,緊張気味でしたが,仲間と協働しながら,考えをまとめていました。
 授業に引き続いて,三輪先生の授業の検討会を行いました。参加者全員が,この授業から学んだことを出し合い共有しました。その後,永島先生から,本校の授業づくりの取組を進めるための具体的なアドバイスをいただきました。
 永島先生のアドバイスは,有益なものでした。安西高校の原点に戻り,「授業研究会の在り方」や「グループの活用」について共有することができました。「生徒の見取り」に基づく実践的な研究を深化させていくことを,今後の本校の大きな課題としていきます。