H 30年度
安西高ニュースへ
 

3月20日(水)第3学期終業式を行いました。

     

最善解を見つけよう!

 一年を締めくくる3学期の終業式を行いました。
 式に先立って行った表彰式では,短歌大会入賞者の表彰,各種検定の合格者発表,また精勤賞の表彰などもありました。年を重ねるごとに検定に挑戦する生徒や,無遅刻・無欠席を継続する生徒が増え,現在の安西高校を象徴するような表彰式となりました。
 終業式で,学校長から「皆さんが社会に出た時,どんな世の中になっているか想像できますか?」という問いかけから,少子高齢化社会の現状,介護の問題,人手不足,適切なサービスができないという問題を指摘されました。そして実際に高齢者の人が椅子から立ち上がる時どのようなサービスが最適か話し合って答えを見つけた福祉の学生達の話を実例として挙げました。
 そんな中,課題が出てきたらどうしますか?」という次の問いかけがされました。学校長は続けて「課題が出てきたら,情報を集め整理,分析し,その時に一番いいことをやる,最善解をする,これはみなさんが日々コの字型学習などで行っていることです。社会に出た時,みんなで話し合って一番いいこと,最善解をみつけることをする。これは日々の勉強をしっかりすることと繋がります。」と述べられました。
 最後に「三つのキーワード『ルールを守る 素直に学ぶ 人を大切にする』をやり遂げて社会に出てください。過去は変えられないが未来は変えられます。」と終業式の挨拶を締めくくりました。